COLUMN

コラム

2024.07.05

筋トレすると太る?太らない為の筋トレダイエット法

こんにちは!Gサルース浦和店です!

筋トレを始める際に、多くの人が心配するのが
「筋トレをすると身体が太く見えてしまうんじゃ?」
という疑問です。

特に、筋トレを全くしたことがない初心者の方は
このようなイメージを持っているかもしれません。

筋トレをしている人の身体が大きく見える写真を見ると
「筋トレ=体が大きくなる=太る」というイメージが
根付いてしまうことがあります。

しかし、実際のところ、筋トレをしても
太ることは全くありません。

むしろ、筋トレは体重管理や見た目の改善に非常に効果的です。
正しい方法でトレーニングを行い、目的に沿った
食事管理を行うことで、理想の体型を手に入れることができます。

今回は、浦和駅前のGサルース浦和店が推奨する
筋トレで太らずに身体を引き締める方法について解説します。

脂肪と筋肉のサイズの違い

筋トレをすると、筋肉が大きく強くなります。
筋肉は脂肪よりも密度が高く重いため、筋肉量が
増えると当然体重は増えることになります。

しかし、体重が増えることが必ずしも
「太る」ことを意味するわけではありません。

脂肪をつけた状態でそのまま筋肉を増やせば
身体は大きく見えてしまいます。しかし、脂肪を減らして
筋肉をつければ見た目を引き締めることができます。

筋トレをしても太らない方法

筋トレによって体重が増えるかどうかは
カロリー収支のバランスによって決まります。

筋トレをしているだけではカロリー消費が増えるため
体重が増えることはありません。体重が増える場合は
摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることが原因です。

筋トレしても太らない摂取カロリー

例えば、あなたの基礎代謝が1,500kcalだとして
普段ほとんど身体を動かさない仕事をしている場合
約1,950kcal程度は最低限1日で消費しています。

そして週に1回ジムで1時間程度の筋トレをする場合
プラスで約200~300kcal程度消費します。

ということは、2,150~2,250kcal程度は摂取しても
太らないということになります。これはあくまでも目安ですが
週に1回筋トレをしていれば、摂取カロリーが
2,250kcalを大幅に超えない限り体重が増えることはありません。

『筋トレで太くなりたくない』という方は
ご自身の基礎代謝と消費カロリーを把握した上で
食事をコントロールすれば太る心配はありません。

まとめ

筋トレを始める際の不安はよく理解できますが
正しい方法で行えば太ることはありません。

筋トレをしながら食事管理をすることで
むしろ消費カロリーが増えてダイエットには効果的です。
忙しい毎日の中でも少しずつ筋トレを取り入れてみませんか?

あなたの努力が確実に成果を生むことを
信じて一歩踏み出してみましょう。

理想の体型と健康な体を手に入れるための第一歩を
今日から始めてみましょう。

浦和駅前のGサルース浦和店では、あなたの健康的な
ライフスタイルをサポートするパーソナルトレーニングを
提供しています。

ぜひ、私たちと一緒に理想の体型を目指して頑張りましょう!